いとまのはなし。

「忙しない日々に少しのいとまを」大学生です。ゆっくりしてってください。Twitter@itomanomanashi

米津玄師『orion』感想・レビュー-The Chainsmokersのパクリ?-

はじめに

今日、2/16。米津玄師の最新シングル『orion』が発売されました。

表題曲の『orion』カップリングとして『翡翠の狼』、『ララバイさよなら』の2曲、この3曲が収録されています。

 

今回はこの米津玄師の最新シングルの表題曲『orion』を聴いた感想を書いていきたいと思います。

 

目次

 

 

米津玄師と洋楽の影響

 「イントロ、The Chainsmokersの『Closer』まんまやん。」

これが、『orion』をはじめに聴いた時の感想です。

 

  

 最近の米津さんの曲には、『orion』ほどではないものの、他にも洋楽アーティストの影響がモロに見受けられるがいくつかあります。

 

例えば…。

『アンビリーバーズ』Coldplay っぽい。『Paradise』とか。

youtu.be

『フローライト』はThe 1975の『Girls』 を意識していそうだし、

youtu.be

 

『Loser』はEd Shearanの『You Need Me, But I Don't Need You』に似ています。

youtu.be

 

ちなみに、米津さん自身のinstagramには、Summer SonicでThe 1975が来日したときに撮ったボーカルのMatthew Healyとのツーショットが載ってるくらいなんで、少なくともThe 1975の影響は間違いないと思います。

www.instagram.com

 

また、『orion』のインタビューでは米津さん自身も洋楽への関心については言及していました。さすがに曲名までは出していませんでしたが、このインタビュアーの方も僕と同じようなことを言いたかったんだろうなーとかかってに思っています。 

realsound.jp

 

 

こんな風に、最近の米津さんは洋楽を意識して作曲をしていると思われます。

 

おわりに

米津玄師の次の曲が今から楽しみでなりません。

それでは。

 

 

 

こんなのも書いてます。

読んでいただけるとうれしいです。

hayateyana.hateblo.jp